6/24 同窓会

初めて高校の同窓会に行った。とにかく楽しかったの一言に尽きるのだけど、忘れたくないこともたくさんあったので書き残しておく。

 

同窓会の会場に着くともうだいぶ集まっていて(そもそも私たちは遅刻した)1・2年の時に仲の良かった9人くらいの子たちが固まって席に座っていた。他に空いてる席はなぜか男子が横並びで座っている席しかなくてなぜ横並びで座ったのか不明だけど完全に合コンのようになっていた。私は9人くらいの子たちが固まってる席が1席空いていて、卒業してからもよく会う子の目の前が空いていたので私の席ここやろ~~と座ろうとすると、会場に一緒に来ていた友達に抜け駆けしたらあかんと言われて(そりゃそうだ)私も合コン席に座った。(あとで私が最初に座りたかったその席にうちの担任が座っていた)クラスの男女比率が7:3で女子が多かった上に(成績での選抜クラスだったから比率はあまり考慮されていなかったのかもしれない)、元々男子とそんなに喋った記憶がなかったので前に座っている子も全く名前が思い出せなかった。何を話せばいいのだろう…………。

 

担任のI先生と隣のクラスの担任のY先生も来て(選抜クラス2クラスで合同)、同窓会が始まった。Y先生が初めの挨拶で「結婚した人ー!(該当者挙手)(ちらほらいた)子どもがいる人ー!(該当者挙手)(私しかいなかった…!)仕事頑張ってる人ー!(いっぱい手が挙がる)みんなエライ!!」と言ってて全肯定感半端なくてのっけから感動してしまった。フェス感ある~~頑張ってる人みんなえらいって言葉がやさしい………先生が話しているとき後ろに黒板が見えたし、私たちは制服を着ていたし、学校の机と椅子がそこにあったよ……!

 

私が座ってる合コン席、どうなることかと思ったけど目の前と斜め前に座っている男子は結果的にめちゃくちゃいい人だった。斜め前に座っていた子は、私は全然違う人の名前を思ってたのに(友達にあとでこっそり確認したら、友達も最初私と同じ違う人の名前を言ってて笑った)、話をたくさん振ってくれたり気遣いがすごくて、なんだか申し訳なかったし、彼女もいるらしいし幸せになってほしいと思った。目の前に座っていた子もすごくいい人で、高校のとき実は同じクラスの〇〇ちゃんのことが好きだったとかめちゃめちゃ同窓会っぽい話をしてくれたのもよかったし、もうすぐ入籍するそうなので幸せになってほしいと思った。(あの日この人いい人だったんだなとわかったら、すぐ幸せになってほしいってばっかり思ってた)

 

ここの合コンテーブル(ホントに合コンだとしても普通に楽しい合コンだと思う)と、最初私が座ろうとした1・2年のときに仲が良かった子たちのテーブルを行き来していた。あとは時系列がもうわからないので箇条書き。

 

・I先生!!担任!!!3年間社会見てもらったし2年間担任!!!私の居た大学めちゃくちゃ生徒に推してくれてるらしくてうれしい~~!私がいたころは関関同立が一番みたいな空気があったのに、私の選んだ大学もちゃんと入れてもらえてるのがうれしい。(クラス自体が関関同立合格目指していたけど、私は受けなかったのでなんで受けないのかって散々先生と話し合いをした)(ピンと来なかっただけなんだけど)私の話もたまに生徒にしてるらしい。爪痕残せた感じがあってうれしいー!私の頑張りはそこで今も生きてるんだなあ。先生私の勉強の才能開かせてくれてありがとう、積み重ねの大切さ教えてくれてありがとう~~!!!(I先生めっちゃ好き)(未だに先生に会うために1~2年に一回高校へ遊びに行くことがある)(年賀状も出してる)

 

・Y先生!!!変わらずお綺麗でした。担任はしてもらったことないんだけど、教科担当で2年間お世話になりました。担任してもらった私の友達何人かと私で話したときに、担任した子はちゃんと覚えてるんだけど、担任してないのに担任したような気になる子もいる~~って私の肩ぽんぽんってしてくれたのうれしかった~。私が三年生の春、先生が女子大いいんじゃない?とさらりと言ってくれたことがすべての始まりでした。

くまより一つ上のお子さんがいて(保育園にあんなママいたらめっちゃ見ちゃう!)、ランドセル事情についていろいろ教えてもらったり、仕事と育児家事のバランスについて教えてもらったり。先生っていうめちゃくちゃ忙しい仕事してるのに、子どもは21時に寝かしつけてるっていう話を聞いて、すごいなあって。私ももっと何か頑張りたい。もう少し仕事時間伸ばして頑張ってみようかなあ。でも私は先生みたいに、そんなに今の仕事に情熱注げるかなあ。きっと先生ならどんな仕事でも情熱を注げられるのかもしれないなあ。私も先生を見習って何か頑張りたいな。

 

I先生もY先生も、先生と生徒っていう立場で、私が先生のこと好きすぎるから悪い面とかもあんまり見えてなくて、尊敬!好き!リスペクト!としか思えないんだけど、ずっとそうやって思わせてくれる大人で居てくれることがとっても嬉しかった。ここの高校行ってほんとによかったな~。I先生、いつこども連れて遊びに来てくれるの?みたいな感じだったからまた遊びに行きたいけど、何か一つ目に見える形の報告ができるようになってから行きたいな。私も立ち止まってないし、まだまだ更新し続けてるよって言いたい。あの頃が最高だったなんて自分で思いたくない。最近の更新報告は3年前の優秀卒論とったよ~だったから、もうそろそろ新しい報告ができたらいいな。それから、つまんない大人の話するくらいなら、先生たちのこと思い出したい。

 

・結婚と子どものこと何人かに聞かれる。そりゃそうやな。でも5年前のことでもおめでとうってちゃんと言ってくれるのやさしいな。

・卒業してから一回も会ってなかった子にもたくさん会えた~!これを機に定期的に集まれるようになるといいな。

 

始まって3時間くらいで1次会は終了、2次会は最初に座り損ねたテーブルのメンバーでおやつ食べたりコーヒー飲んだりだらだらした。帰るのとっても淋しかったけど、これを機に次の楽しいに繋げていきたいし、こんな楽しい日があったことがとてもうれしかったし、高校生の頃選抜クラスで過ごせてよかったし、日々の積み重ねのボーナスのような出来事だった。眠ってしまったらこの日が終わってしまうから眠るのも惜しかったけど、また次に繋げればいい話なんだから、繋げるためには寝ようということで就寝。

iphone7

ここ1年とちょっと、スマホはワ/イ/モ/バ/イ/ルのH/u/a/w/e/iを使っていた。安かったからだ。でもアプリがあまり入れられなかったり、音ゲーがほぼできなかったりと使いづらくて、でもあと10ヶ月くらいだし、我慢して使おうと思っていたのだけど、機種変するとしたらいくらくらいかかるんだろう?見積もりだけでも、と携帯コーナーに行ったら結果的にソ/フ/ト/バ/ンク/でiphone7を契約していた。キャンペーンかなにかよくわからないけど、ワイ/モ/バイ/ルからソ/フト/バ/ンク/へのMNPは事務手数料も解約金もかからなくて、残っている本体代金を分割で払えるとのことだったので、思い切ってパパと一緒に機種変をした。朝起きたときは全くそんな予定なかったけれど、こういうのってタイミングだなあと思う。いい感じにタイミングの波に乗れた気がする。あーでもないこーでもないって、結局いろいろ考えていても、最終的にタイミングが来れば自然と決められる感覚がすごくよかった。タイミングのリズム(?)に乗るぜ~~~!!!(昨日友達とテニプリのキャラソンばっかり歌うカラオケをやったのでまだ余韻に浸っている)

仕事で嫌なことがあったときに読み返す私のための文章

続けることが勝ちのように思う。私のやり方はなにも間違ってはいないんだから、私が思うように続けることが勝ちを積み重ねることになると思う。なので、仕事は辞めてはいけないと思うし、契約満了まで全うして、私は勝ったんだって言いたい。他人の考えを捻じ曲げようとか、そういうことをせず、勝ってみたい。私は何も間違ったことは言っていない。

他の価値観を認めようとしないところは確かにあるけれど、私は間違ったことは言っていない。けど、ほかの人が選んだその選択が間違ってるか正しいかを決める権利が、私にはない。色んな考え方がある中で、自分がどれを選んでどうしていくかが一番大切なので、それはちゃんと考えようと思う。あとは、ほかの人が選んだ自分と違うものに対して、もう少し寛容でいられたらなあ、とは思うのだけど、今まで自分が当たり前だと思っていたもの、きっと他の所では当たり前のはずのことが、ここでは通用しないみたいなのでむずかしい。えっていうかほかで通じそうならここ辞めればいいのでは、、、え、、、、あれ………

 

話を戻そう。とはいえ関わると関わるだけ相手の考えを捻じ曲げようとする形に私が入りがちなので、自分の人生に集中して生きていきたい。自分と違う考えを排除するのはいじめっ子の考えのように思うけど、たぶん、子どもの頃長い間そうされたことがあるから、私も誰かにそうしてしまうんじゃないかと思ってる。子どもの頃の記憶って恐ろしいな!もうそんな過去引きずるのやめようよ、明日からちゃんとまた作り直せばいいんだよ。

 

私は間違ってないけど、あなたも間違ってないし、いろんな選択肢がある中で、私はそれを選んだよ、ってだけの話。私の人生の中で、私が決めたことが私にとっては正しいことなだけ。だから、決まった時間にちゃんと仕事に行くし、頼まれた仕事はゴネずにやるし、今手が空いてないならそれを説明するし、自分がずるいなと思うことはしない。いつか報われたらいいなあ、期待しすぎるとよくないけど、報われたらいいなあ、なんて思いながら、とにかく続けること。シンプルなようでめちゃくちゃむずかしいよね。出勤しただけではなまる!今日もおつかれさま!

すきなことの話

SWIMMERの一番の思い出といえば、通いつめていたときメモGSの氷室先生の小説サイトの管理人さんが好きなブランドだったことだ。大中には通いまくった記憶がある。大中とSWIMMERが関わりのあるブランドということは知らなくて、SWIMMERのニュースを聞いてはじめて知った。通いまくったなんばの大中はいつのまにかなくなっていた。1000円か2000円で買った白のスリッポンでパンダや☆が描かれていたものがとてもお気に入りだった。

 

好きなものの話をしている素敵なブログを読んだあと、私のブログの下書きを見ると、恐ろしく狭い世界の話がいくつも書かれていた。誰が正しいとかみんな正しいとかうんたらかんたら。たぶん今の私の頭で思い付くことは全部考えたはずだし、そろそろ好きなことの話をしようよ、と思った。そんな狭いところでずっと暮らさなくても大丈夫だよ。

それから、そんなことばっかり考えてたら、言ってもらえたうれしいことや、大事なこと忘れちゃうよ、と私の中にいる誰かが言って、その瞬間めちゃくちゃ怖くなった。

 

嫌なことや悲しいことよりも、うれしいことをできるだけ覚えて暮らしていたい。そっちのほうが楽しいと思う。うれしいことや、楽しいことだけ記録できるメモリーがあればいいのになあ。まるっと冷凍保存みたいな。でもそれができないからまた体験したくなって、何度も同じ場所に足を運んだりするんだよね。そんなに冷凍保存したいとさえ思えることがひとつでもあるなら、もう十分しあわせなんじゃないか、なんて。アッでも手に抱えきれないほどの楽しいことを背負って生きていきたいからそれはむりだ。

 

長い前置きになってしまったけれど、覚えていたいこと、としてぱっと思い出したのが作家さんの宮下奈都さんのサイン会のことだ。去年の12月のサイン会に参加したときに、本に名前を書いてくださることになっていた。そのときに宮下さんが私の苗字と名前に同じ字が入ってることに触れた。名前負けしちゃってて~へへへ~なんてことをお話しして、サイン会が終わったあと、ツイッターでリプライを送った。とても幸せな時間だったことやまたお会いできたらうれしいなどの感想を書いた。そしたら宮下さんもお返事をくださって、「お名前もちろん覚えています!ぜんぜんお名前に負けていません!」

苗字と名前に同じ字が入っているものです、とリプライをするときにお伝えしたけれど、サイン会でお話ししたこと覚えてくださってたんだなあっていうのがすごく嬉しかった。100人以上来てるサイン会で、2番目に並んでたからめちゃくちゃ初めのほうだったのに、お話ししたこと覚えててくださったことがうれしかった。私と話したときも、その前の方と話したときも割とのんびり話してて、きっと最後までそのペースだったはずだから、絶対たくさんの人と色んな話をしたのに、私のこと覚えてくれていたのがとても嬉しかった。(他にそんなひとがいなかったからかもしれないけど!こういうのはいい風に考えておこう!)

それから、それと同じくらい嬉しかったのが、名前負けしてません!と言ってくださったこと。私が苗字と名前に同じ字が入っていることをたまに他人に触れられるのだけど、言ってくる人はだいたい私が苦手だなあと思う人で、嫌な記憶が割りと多い。けど、大好きな宮下さんにそう言ってもらえて、ちょっと浄化できそうな気がしたし、苗字と名前に同じ字が入ってるエピソードとして、一番に思い出せるようにしたい。こんな素敵なエピソード忘れちゃいけないなって。(とはいえ、そうやって名前のことについてとやかく言うことはすごくデリケートな話なんだな、私も言わないようにしなくっちゃだし、からかった経験がなくはないので、そのことについてはとても反省した。ので、悪いことばかりではない)またサイン会や何かでお会いできたらいいなあと思う。

0612 最近のこと

*バーベキューをする

6月の頭にバーベキューをした。信貴山ののどか村というところで、二年前に一度行ったことがあった。緑が多くて広々としてて解放感があって、その場にいるだけで楽しくなってとってもよかったので、また行きたいなーと思いつつ気づけば二年経っていた。

おおまかな感想になるけど、大人数で遊ぶのはやっぱりたのしいーーーー!!!お肉がうまく解凍できてなかったり、ちょっと忘れ物したりもしたけどなんとかなりました。大森靖子ちゃん繋がりのメンバーだったんだけど、普段現場でしか会わないし、野菜切ったりお肉焼いたりといつもと違う様子が見られたのがとっても新鮮で楽しかったなあ。色々お世話になりました、ありがとうございました~~~!!!パパもくまも連れてったけど、くまも楽しかったみたいでよかった。それから、バーベキュー終わったあとに甘いの食べに行こうよ~って行くのもたのしかった。初めて集まったメンバーだったけど、楽しかったので、また何か思い付いたらやりたい。ていうか普通にごはん食べに行くだけでもいい。肉を食べよう。車内BGM用に真綾ちゃんのCD、なにか持っていけばよかったな。バーベキュー、また企画したいので興味のあるひとは一緒にやりましょう。

 

*いつくしまーや

バーベキューをしていた土日に、私の大好きな坂本真綾ちゃんが広島県厳島神社でライブをしていたのだけど、セトリを見て行きたかったの気持ちでいっぱいになった。真綾ちゃんのライブは去年の1月に見て以来だし、新しいシングルもまだライブで聴いたことがない。けど、今回はシングルに収録されていた二曲とも歌っていたし、ちょっと懐かしいまきばアリス!も、雰囲気にぴったりのユニバースも歌っていたし、聞きたい歌ばっかりで、参加できたひとがめちゃくちゃ羨ましい!!!!!最高のライブだっただろうなあ、9月のFCイベに期待してるからね~~~!!!! 坂本真綾ちゃん好き~~~。パパとはmixi坂本真綾コミュで出会っている。ちなみにパパのそのときの名前は真昼が雪だった。思いっきり失恋中やな。

 

*これからのはなしをしよう

くまがアンパンマンのゴムを道端で落としたという。朝、パパに髪をくくってもらって、ヘルメットをかぶって保育園へ自転車で向かって、着いてヘルメットを脱いだときにはなかったという。くまは自転車の後ろで寝ていていつとれたかわからないとのこと(なんでやねん~~~)。

パパに確認するも同じことを言うので、帰り道自転車で探しながら帰った。パパと私では使う道が違う。パパはほぼ信号のないルートを開拓して使っているので、パパの使うルートを教えてもらった。なんだかくねくねしていた。みぎ!とかひだり!とか、くまに説明してもらいながら帰ったけど、結局は見つからなかった。

帰ってパパに話を聞くと、昨日もくくりかたが緩かったのか、ヘルメットをとったときにゴムがとれてしまっていたけど、昨日は座席に残っていたので、なくすことはなかったと言っていた。とれたんやったら次の日はきつくくくるとかあるやん!?!?と思ったけど、これはゴムがなくなったという結果があるからそう思うわけで、そうでなければ言わないかもしれないし、私が同じ立場だったら、緩くくくったままだったかもしれない。しかも、私が朝バタバタしていてそこまで手が回らずパパに頼んでる立場なので、そのことにはそんなに言わず、これからどうするかを話した。

結果、なくしちゃだめなものは保育園には使わない、パパもわたしもきつくくくるようにする、ヘルメットが当たってとれやすくなるのかもしれないから、保育園に着いてからくくるようにする、などを話し合った。

 

失敗したことを責めるのはやめた。どこかのブログで「これからどうすれば現状維持or良くなるかだけを考えればいい」という言葉を見つけて、衝撃を受けたからだ。確かに終わったことを責めてあーでもないこーでもないと言っても仕方がないしなにも生まない気がしたし、これからどうするかを話し合う方がいいなと思った。終わったこととこれからのことだったら3対7くらいで話をした方が有意義な気がする。なので、終わったことに関してくどくど言うのはやめることにしたので、そんなに言わなかった。

こうやって少しずつ家族のルールや形を作っていくとおもうし、きっと完成することなんてないんだろうな。いつだってぜんぶ途中だし、それでいいんだなあ。

 

5/22-6/1 仕事の記録

5/22

私たちは一番上のひとを100%肯定していると思われているのだろうか……………omoi…………☆

 

5/23

社員だけで話が進むことが多くて私に話が入ってこなくなったので、一体今この部署がどんな流れになっていてどんな風に忙しいのかが全く分からない。盗み見&盗み聞き&予定確認しまくりでなんとか追いつこうとしている。置いてけぼりはいやだ~~~はみごにしないで~~~!!!!自分がいま印刷してる資料がいつ必要でどこに持ってくのかもよく分からずにいる。なんやこれは

 

5/24

16時に帰れることに対してやるせなくなるし申し訳ないし、とはいえ私にできることもそんなにないので、頼まれた仕事を「いいよやるやる!なんでも言って☆」と言うことと、家でご飯を作ったり洗濯をしたりできることに感謝するしかなかった。

 

5/25

もうなんにもわからないぜっ!!!!暇でつらい。私は私でやっていくしかないな~~。ほんと、空気が重いし考えてることもよくわかんないしどうすればいいかわからない………けど、それを無事先輩に伝えられた。ほっ。

 

5/29

役に立てたっぽくてうれしい。手間と時間のかかるデータ作りをした。

 

5/30

おやつをもらう。あんまりすきじゃない人からもらったというので、私もいつもの3倍くらい噛んで食べますので、噛み砕いてたおしましょうという話をした。けれどおいしかったのであまり噛まずに食べてしまった。チョコ味のもみじまんじゅう。

 

5/31

ごまたまごを初めて食べる。お給料が上がった。ワーイ!!!!

 

6/1

暇なので来週の献立を考える。私には契約の期限があって、16時に帰れるからいいけど、下手すれば日付が変わるまで付き合わされる先輩たちは一体どこで折り合いをつけてるんだろう。体壊さないでね。

0528 モーニング食べたこととか

7時半ごろ起きる。頭が痛い。食べるものもない。パン買ってくるね、とパパに言うと「モーニング食べに行く?」と聞かれる。私はずっとモーニングに行きたかったのだけど、なかなかタイミングがなくて行けなかった。そもそも朝ごはんがないときのほうが珍しいからだ。でも今日はない。行くしかない!!!ということで、車で20分くらいのお店へ行ってきた。車の中でずっとわくわくしていた。外食の楽しみは美味しいものを食べることはもちろんだけど、このわくわくを味わうことだと思う。


今日選んだのは、モーニングで検索してときどき見てたお店。到着したとき、駐車場は混んでて、私たちが行った頃にちょうど1台出ていったのでその隙に入った。ラッキー。中でも何人か並んでいて、入り口にはテイクアウトのパンとコーヒー豆がたくさん売られていた。10分ほど待って、席についた。
ドリンクに200円ほどプラスするとパン食べ放題とサラダとヨーグルトとウインナーとフルーツがついてくるという。もちんそうするとして、私はゆずソーダ、パパはカフェラテ、くまはブルーベリーとヨーグルトのスムージーを注文した。(くまおしゃれすぎやろ)パンはセルフサービスで、チョコやキャラメルのパン、食パンなどがあった。私が好きになったバゲットの中にチーズやベーコンが入ってるパンは2回食べたけどそのあとは出てこなかったので、またお目にかかりたい。あとから運ばれてきたサラダやフルーツを見ながら、家で豪華な朝ごはんを食べて満足するにはなにを並べるといいかを考えた。キャベツの千切りとゆで卵とウインナーとフルーツをひとつのお皿に盛って、菓子パンを添えるといいかもしれないなと思った。菓子パンはパン屋さんのパンで!


ひたすらパンを食べたあとは、きのう行けなかったスーパーに寄る。するとくまの保育園で同じクラスの、一番の仲良しの女の子とお父さんに会えた。マスクをしていたので風邪引いたの?と聞くと、お母さんに買ってもらったから気に入ってしてるそうだった。大事にしてるんだな~とほっこりした。この子と土日よかったら一緒に遊べたらいいなあ、なんて少し前から思っているのだけど、お父さんと一緒に居るときに会う確率が高くて、お父さんに連絡先を聞くのはなんとなく変なような気がして言えずにいる。くまもその子もカップ麺を選びにきていて、ふたりで同じものを買っていた。かわいい。

 

買い物を終え、頭が痛かったのでしばらく昼寝をした。寝ている間にくまはエレクトーンを触っていた。私のエレクトーンは古いので、音源はフロッピーに入っているんだけど、くまはうまく出し入れがまだできないのと、元々調子がよくないので勝手に触らないでほしいという話をしてたのに、触ってたので怒った。目が覚めたのもパパがくまにだめやでと言ってる声がしたからだった。そしたらくまは少し前に自分で作った段ボールハウスでふて寝を始めた。酸素の薄い段ボールハウス。


とりあえず起き上がったのでまだ干せてない洗濯物を干そうとしたら、パパが「干したよ」と言う。「えっうそ」「うっそー」「うそかよ~~~~えっ洗濯物ない!」「うっそー」「干してあるやん!!!」「うっそー」パパはうっそーしか言わなかった。botかよ。パパは頼むとだいたいのことはやってもらえるんだけど、自分からやるなんて珍しすぎてびっくりした。パパがやってくれたんありがとう~と言うと、うっそーがやってくれたんやでと言った。パパは自分がやっても絶対に言わない。だいたいは妖精さんがやってくれたんやでと言う。

 

どん兵衛を食べ(モーニングでお腹膨らみすぎてあんまり入らなかった)、何品かおかずを作り、本屋さんと買い忘れたアイスを買いに行った。本屋さんでは宮下奈都さんの新連載をチェックした。宮下さんのエッセイは生活感が垣間見えるところが好きだ。『神さまたちの遊ぶ庭』が文庫になることが小さく書かれていて、楽しみがひとつ増えた。あとはお金の本を読んだ。お金を使わない快感、覚えておこう。晩ご飯はくまのリクエストがあったすし太郎(ばら寿司)と鶏のてんぷらを食べた。鶏のてんぷらはこの前丸亀製麺に行ったときに食べたものが気に入ったらしく食べたい食べたいと言うので作ってみた。気に入ってもらえてよかった。

 

パパが買い物に行くというので散歩がてらついていった。20時を過ぎていたのにスーパーには子どもがちらほらいた。スタバで親と抹茶フラペチーノを飲んでいる小学生を見た。うらやましいぜ。世の中の子どもの寝る時間は遅くなっていると聞くけれど、遅くまでスーパーが開いていたりしたらそりゃ親の活動時間が伸びるし、結果子どもにも回ってくるよなあと思った。

 

くまを寝かせたあと、ひとりで実家の家族のことを考えて不安になった。PMSやな。私はあまり親に反抗してこなかった。結婚して離れて暮らし始めてから自分で考えて決める機会がめちゃくちゃ増えて、親と話が合わなくなっている。私も親も反抗期にちゃんとぶつかってこなかったツケがいま回ってきているんだろうなあ。と、考えても仕方のないことをうだうだ考えて、パパに話して、なんとなく乙女CD(息遣いシリーズのダミヘやばい!)をかけたらうっかりテンションがあがってしまい、pixivを読み漁り、寝る。